株とFXとバイナリーオプションは大学生投資家 Gyinny's blog(ギニーズブログ) 抵抗線の罠 トレードにおける”全てのラインはトランポリン”の法則 | 大学生投資家  Gyinny's blog

2015年9月16日水曜日

抵抗線の罠 トレードにおける”全てのラインはトランポリン”の法則





あなたはトレードする上で、抵抗線近くでのダマシや、逆行など、
そのような「抵抗線の罠」にはまったことがありますか?



トレンドライン、チャネルライン、レジスタンス・サポートラインなど
相場で今も昔も多くのトレーダーが支持している「抵抗線」。


そんな抵抗線ですが、実は良くも悪くも、この抵抗線を実際のトレードで、何も考えずにふつうに使ってしまうと、多くのダマシにあってしまいます。





しかし、実はそんなダマシを回避する
気づきというか、自身で意識したら良いなという
ひとつの法則を見つけました。


今回の記事ではそんな抵抗線の罠を回避するために
僕がたどり着いた「抵抗線の大事な法則」について書いていきたいと思います。



___________________________________________

抵抗線の大事な法則とは
___________________________________________


では早速、そんな「抵抗線の大事な法則」について発表します。




これは


”トレードにおける全てのラインはトランポリン”



という法則になります。




これはどういうことかというと

全てのライン(すなわち全ての抵抗線)は
トランポリンのような習性を持っているということです。





___________________________________________

どういうことか?
___________________________________________


例えば、ラインを本物のトランポリンと仮定してみてください。



同じくローソク足はトランポリンで跳ねる人間と仮定してみます。


すると人間(ローソク足)がトランポリン(ライン)にぶつかると、
一旦吸収されるように深く沈みます。



そのあと、やっと慣性の法則で逆方向にジャンプすることになります。



ここが肝要です。


これは一時的にローソク足がラインを割ったとしても、そのラインがゴムのようにして、ローソク足を反発させるということです。



また逆に、ラインを割った場合は、トランポリンを突き抜けて破ったのと同様なので、その方向に勢い良く進むことになります。



このイメージが大事になります。






___________________________________________

多くの人がライントレードで
負けてしまう理由
___________________________________________


以前の僕がそうだったのですが、
全てのラインを硬いコンクリートの壁だと思っています。



「絶対にそこで跳ね返る」
「だから損切りはギリギリのところに置いておこう」



または



「ラインを超えたからドテンエントリーしよう」
「そしてラインを超えたから損切りはいらない」



みたいな感じです。


実際にコンクリートの壁に当たって跳ね返されるみたく、ローソク足がきれいにラインに当たり、跳ね返されて、ヒゲをつけて方向転換していくこともあります。



しかし、ほとんどの場合はトランポリンのように一回ラインに沈み込むように突き刺さってから、跳ね返していくことがほとんどです。




そのため、ラインに対して、コンクリートの壁のような硬いイメージを持つのは危険です。





___________________________________________

つまり
___________________________________________


全てのラインに対して、
ピンとして硬いイメージではなく

柔らかくてしなやかなイメージを持ちましょう。

全てのラインはトランポリンだというイメージを持ちましょう。


途中でラインを割れたとしても、アタフタするには早計だということです。




___________________________


ということで、今回の記事では
”全てのラインはトランポリン”の法則
について書かせていただきました。


あなたはトレードをする上でラインにどういうイメージをお持ちかはわかりませんが、僕自身はコンクリートからトランポリンのイメージを持つようにしてから、ライントレードが上手くいくという法則に辿りつきました。



ただ、例外もあるので、一概にすべてがこのとおりになるとは言えませんが、少なくとも今までとは違った新しい視点で相場が見られるようになるのはメリットととして間違いないです。


結局最後は個人の裁量が大事になってきますが、
この「抵抗線の法則」かなり有効なので、これからのトレードの参考にしていただければと思います。




ということで最後までお読みいただきありがとうございました。



お役に立てれば幸いであります。




いつも応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 学生投資家へ

少しでもお役に立ちましたらポチいただけると嬉しいです。







P.S.

ちなみに僕は基本的にこの法則のイメージを持ちつつ
終値でラインを割らなければ反発、終値でラインを割ればブレイクと判断し、トレードしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

"世界196カ国、69万7千人以上が愛用する、超有料級の無料FXウェブセミナー講座付きの「ある」たった1つの最新50万円FXの秘密とは...!!?"







ブログランキング参加中。あなたのクリックがチカラになります。応援よろしくお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVランキング

Powered by Blogger.

Blog Archive

GYINNY'S VISION

「投資で稼いだお金の1割を毎月または毎年継続的に社会的弱者と呼ばれる人たちや絶対的貧困層、災害などで傷ついた被災者、発展途上国で病気と闘う人たち、困っている人たち、地球の未来を担う子供たちの教育などに、寄付や義援金、または支援金として出し続けられる粋な投資家を1000人輩出する」を理念に、投資・経済・金融・会計・哲学・健康・スピリチュアル・風水など、幅広く情報発信しております。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *


免責事項当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。 株式投資ならびにFX・バイナリーオプションはリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。
2014 © Planer - Responsive Blogger Magazine Theme
Planer theme by Way2themes